topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2011.08.23 Tue

2、3才ぐらいの幼児が、ヨチヨチと戸外をひとりで歩いている図をご想像ください。

足元は危なっかしいくせに、その目はあちらこちらにキョロキョロ。
好奇心だけは大人の何倍、何十倍もあって、
その好奇心の向くままに、足を向け、手を伸ばす。
ときにはそれが、欠けたガラス瓶だったり、犬や鳥のウンチだったりしても、
平気で手を伸ばして、あげくは口に持っていこうと・・・

ヤバイでしょう、これ。
ホント、危険きわまりない。
まかり間違えばとんでもないことに。
いや、無事にすむことの方が不思議なくらい。


私の読書や映画鑑賞って、もうほとんどこういう幼児と同じだなと、
つくづく思う。
遅すぎですよ、この気づきは。
絶望的に遅いよ。

いやいや、自分の中では、それなりに脈絡はあるのだが、
やっぱりそれも、子供の好奇心的脈絡だから、説明しようとするととんでもなく紆余曲折、支離滅裂。


と、長い前置きはさておき、
最近印象に残った作品をメモしておこう。


『地雷を踏んだらサヨウナラ』

   1999年に作られた映画だから、12年前ということになる。
   予想以上に若い浅野忠信が主演している。
   作品そのものにも打たれたが、浅野忠信の爽やかで溌剌とした若さに目を奪われもした。

   戦場カメラマン、一ノ瀬泰三さんの実話がもととなった作品だけに、早速そのおおもとに触れたくなる。

『泰三 見てますか?』 一ノ瀬信子 著

   一ノ瀬泰三さんの母、信子さんの著作。
   息子が戦場で行方を絶つ。
   それからの母の闘いの日々。
   不安、焦燥、祈り。
   それ以上の行動力。
   圧巻である。


『火の魚』

   室生犀星の原作をもとに、2009年にNHK広島放送局が制作。
   文化庁芸術祭・大賞(テレビ部門・ドラマの部)や放送文化基金賞優秀賞、
   モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞(テレビ映画部門)などを受賞。

   監督は『ジョゼと虎と魚たち』や『メゾン・ド・ヒミコ』の渡辺あやさん。
   キャストは原田芳雄。そして尾野真千子ほか。

   感想メモ、書けない。書きようがないほど良かった。
   とてもとても良かった。

昨日は久しぶりに、佐々木譲氏の『真夜中の遠い彼方』を読んだ(再読)。
新宿を舞台にした物語で、1984年とかなり昔の作品で、私が知っている新宿からはかなり時を経ているが、
それでもやはり新宿には新宿のニオイと色があるのだろうし、私が知っている新宿なんて、ほんの上澄みみたいなものなのだろう。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。