topimage

2008-10

好きな言葉 - 2008.10.31 Fri

 「好きな言葉は何ですか?」
 そんなふうに尋ねられたことありませんか。
 たとえば、就職の面接なんて、決まって尋ねられそうですよね。

 私は大概「千里の道も一歩から」と答えています。
 その一歩を踏み出さなければ何ごとも始まらないし、一歩をサボれば中頓挫してしまう。たった一歩の積み重ねでも、気がつけば♪思えば遠くに来たもんだ~ となっているわけで。

 でもねぇ、ちょっとカッコよすぎるなとも思います。
 日常感覚で言えば、そんな大それた言葉よりも、「まったり~」とか、「なんとかなるさ」とか、「ま、いっか~」とか・・。あ、これは好きな言葉というよりも、身にまとわりついているホコリ(「誇り」ではありませんよ~、「埃」です)みたいなものかもしれませんね。

 よーし、今日は心を入れ替えて、「千里の道」を目指してまたチクチク作業に励むことにしますか。

スポンサーサイト

クロスステッチばかり - 2008.10.31 Fri

2nayankob.jpg


 このところ、ほかのことに時間とエネルギーを取られてしまって、おまけに気力も阻喪してしまって、じっくりと制作に向かい合えずにいます。ちょこっとできた時間を縫って手をつけているのが、クロスステッチ。

 生地がシワクチャなのは、どうかご勘弁を<(_ _)>
 刺繍枠からはずしたまま放置してあるので・・。

4usab.jpg


 仔猫もウサギもかわいいでしょ?
 これ、「1」から「10」まであって、「1」から始めて現在「5」を刺しているところです。数が多くなればなるほど、作業時間が増えるのは当たり前で、最後の「10」プラスαに到達するのに、果たしてどれだけの時間がかかるのでありましょうか(>_<)

 最終的に何に仕立てるのかは、今もって思案中で(^^ゞ
 フリーマットか、ウォールポケットか、ブランケットか・・・。

 * ちなみに
 1は仔犬 2が仔猫 3が亀で、4がウサギ。
 さぁて、5、6、7・・・は何でしょう?(^-^)



ハートの刺繍 - 2008.10.15 Wed

heart_b1.jpg


 ハートのクロスステッチに挑戦。
 小さいのだけれど、これが意外にむずかしくって、でも出来上がってみるとやっぱりかわいい!(^-^)
 こちらはリネン地に刺して、ワッペンふうなワンポイントに使っています。土台は小さめのグラニーバッグ。レトロポップな絵柄を思いっきり活かしてみました。

heart_b2.jpg


 こちらは刺繍もちょっと凝ってみて、花柄プリントをフリルに、アンティークレースで引き締めて。
 リネン地の小ぶりなトートに仕上げる予定です。
 


謎が解けた! - 2008.10.11 Sat

 
lc1.jpg lc2.jpg


 ちょっと前から講読し始めたメルマガ(フランス語で2行程度のニュースやコラムが記されているもの:もちろん、訳文も解説もあり)で、今回のノーベル文学賞に、フランス人のル・クレジオが選ばれたことを知りました。

 すっかり忘れていた名前。それでいて、完全に忘れ去ることのできない名前でした。果たして私が彼の作品を読んだことがあったのか、それさえも定かではないのですが・・。メルマガには、邦訳には絶版になっている作品が多いとあったので、あれこれ検索してみたのですが、確かにそのようでした。

 ズラリと並ぶ作品名を眺めてみても、記憶の中にあるものはほんの2、3作品。多分私自身は作品を読んではおらず、友人たちとの会話の中に何度か登場して、その脈絡の中でなにがしかの興味を覚えていたのだろうと思います。

 そして、いろいろ調べているうちに、ひとつの作品名に目が釘付けになってしまいました。
 見つけたんです。長年、大好きだと思いながらも、その出典すら思い出せなかったことばを。

 Terra Amata。 愛する大地。テラ・アマタ、あるいはテーラ・アマータと読みます。
 たぶん、これはラテン語だと思います。まるで呪文のように記憶の中に留まり続け、意味も読み方もわかるのに、これがどこで記憶に入り込んだものかが全く思い出せないことばでした。

 そうか。クレジオだったんだ─
 クレジオの受賞と、このことばとの改めて出会ったことで、今日の胸の裡はとても温かいです。

サーカス・ストール? - 2008.10.06 Mon

ss_forb.jpg


 サーカス柄のコットン・ボイルでストールを作りました。本当は、このシリーズと一緒に仕上げたかったんだけど、ちょっとずれてしまいました。

 去年の今ごろから、ぜひこの生地でストールを作りたいと思いつつ、忙しくてミシンに向かうこともできずに時は過ぎ・・・。ようやく形になりました。

 秋から冬に向けて単調で暗めの配色のファッションになりがちな季節。全体から浮きすぎず、遊び心やお洒落心もあって、ちょこんと収まりのつくような・・・そんなストールやスカーフ、ショールが好きです。私の手持ちの襟巻き族(^^;は、ドット、チェック、無地、エスニック・・・などなど、意外にバラエティに富んでいます。

 バッグ類と違って平面なので、キャンバスに見立ててみたり、あれこれと全身のファッションを想像しながらデザインを考えるのも楽しいです。

 注文していたアンティーク・レースがいっぱい届きました。それを組み合わせて、またストールを考えてみたくって・・・ウズウズ。


リネンにクロスステッチ*トートバッグ完成 - 2008.10.05 Sun

lrrose_forb1.jpg

lrrose_forb2.jpg


 ピュアリネンに薔薇のクロスステッチを刺して、こんなトートバッグを作りました。
 クロスステッチは濃いめの赤、ひと色。バッグ本体には、リンンの生機地で、しっかり目の詰まった張りのある生地を使い、刺繍部分にはザックリと目の粗いやわらかリネンを使っています。本体に使った生地だと、目が詰まりすぎていて、刺繍する私の目が完敗(>_<) とてもじゃないけど、目を拾うことができませんでした。

 反対側には、刺繍糸と同じ色調のコットン地で大きなポケット。バラのモチーフは鮮やかな白だったものを生成色に染めてみました。

 この前ホームスパンで作ったトートと同じ型紙を使ったのですが、マチを少し狭くして素材と持ち手を換えただけで、かなりイメージが違うような気がします。張りのある生地なのでしっかりめには見えますけど、リネンの自然な風合いを考えると、ガサゴソっと荷物を突っ込み、クタクタ~と使って欲しいかなとも思います。赤だけど、刺繍面はちょっとおとなしめですよね。


好きな色 - 2008.10.02 Thu

 「好きな色は?」という質問にいろいろな場面で出会うことがあるけれど、いつも答えられずに困ってしまいます。
 白、赤、緑、茶、黄、黒、灰・・それぞれの系統の中にも好きな色もあり、嫌いな色もあります。
 単色では好きだなぁと思っても、組み合わせやその配合面積によっては邪魔に思うこともあります。
 どんなに好きな色や組み合わせであっても、自分の気持ちが落ち着かない場合もあるし、ましてや自分に似合うかどうかになると、どうも好き嫌いとは別の話になりそうです。

 手持ちの布を見ていくと、少ないのはピンク系。
 以前、ピンクが大好きだと言う女の子のレッスンバッグを作ったとき、布の山から探し出すのにとっても苦労しました。なんとかピンク系に統一されたパッチに仕上げたけれど、パステル・トーンのおとなしやかなものとなってしまいました。どうやら私、カッチリとした原色系よりも、グレイッシュな系統、彩度も明度もやや落としたパステル・トーンの方がしっくりきているみたいです。

 バッグを制作している途中で、それを目にした息子が意見してくれることもたまにあるんですが、参考にはしても、100%納得できることは少ないです。彼の方がデザインについては専門的に勉強もしているし、彼なりの薀蓄やら見識やらもたくさん持っていることは確かなのですが・・。

 色にもデザインにも正解はないのか? あるのは好き嫌いという好みだけなのか?・・・・・・・
 う~ん、難問ですわ。

 答えられない難問に頭を悩ますことはやめにして、手を動かすことにしましょう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック