topimage

2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは何だ?! - 2012.09.30 Sun

20120930nanda2.jpg

これ、3日前はポトフだった。
娘たちが来るのでたくさん作ったら、やっぱり(or 計算通り?)かなり残った。
毎日火を入れて食べ続けて・・・ついに今日はこんな姿に。
煮込み系は煮返すほどにうまくなる。
しかし、限界はあるものだ!(-_-;)
さすがに、今日はひと口食べて、あとはスッパリあきらめた。



これは何だ?!

20120930nanda3.jpg

これ、中学生時代から使っている(? 単に所有し続けている、のかもしれぬ)『しつけ糸』。
近頃出番が多いので、だいぶ減ってはきているものの、まだ当分はもちそうだ。
そう言えば、近頃ではチャコペンの類も進化してきているから、切りじつけなんて滅多なことではしやしない。文字通り、しつけをかけるときにしか使わなくなっている。



そして、これは何だ?!

20120930usa11.jpg

これが噂の(?)、「キモカワ」、もしくは「ユルカワ」の物体である。

恥ずかしがりやなのではない。
美人チャンにはほど遠いと、ちゃんと自覚している(作者に、そう刷り込まれている!)から、物陰から出ようとはしない。

ホントは、桃ずきんも欲しがったほど可愛い子なのかもしれないが、親でもある作者の目は辛辣で、一向に評価を変えてくれない。

この子を世間さまの目に晒したもんかどうか、もうひと晩寝て考えようっと。
・・・と作者は語る。
スポンサーサイト

キモカワ? ユルカワ? - 2012.09.29 Sat

先日出品したオークション、3点すべて落札していただいた。

久々の出品ということで、3点ともに100円スタートとしたのだが、薄氷を踏む思いの1週間だった。
次回は、バッグ3点(3点目は、まだ未完成)、プラス小物を1点・・かな。

先日、娘たちにその小物を見せたら、「かっわいい~!」と連発。
えーっ、そっかなぁ・・・私としては納得できない出来だし、出品しないつもりでいたのだが。
「キモカワ」って名うって出せばいいよ、と言う。

えーっ?、キモカワ?(^^;
キモチワルイんかぁ?

直後、「あ、ユルカワかな」と、言い直してくれた。
ユルカワねぇ。まあ、それならまだなんとか・・。

どうも、その手のものが、巷ではもてはやされているらしい。

(明日、画像載せます。話だけでは、なんともね・・)

ヤフオク再び - 2012.09.23 Sun

引越し後の何やかやが片付いてから、ボチボチとハンドメイドを再開。

ブランクのあと、落ち着いて製作に向かい合うのは久しぶりのことだったので、まずはリハビリが必要だった。はじめは思ったようには手も道具(ミシンやアイロン)も動いてはくれず、製作へのヒントも湧いて来なくて、しばし落胆の日々だった。

でも、ぼちぼち、ボチボチね。
少しずつペースやカンやコツのようなものを取り戻し、なんとか形にできるようになって来た。

夕べ、何年かぶりに思い切ってヤフオクに出品してみた。

出来栄えは悪くはないとは思う。

ただ問題は、私のセンスが、ニーズに適っているかどうかということで・・・。

それを考えると、全然足りないと思う。
そう、センスのひと言に尽きる大切なもの。
そいつが欲しいよ。


sta.jpg


crowmini.jpg


crow.jpg

ヤフオク・マイ・ブース http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/tadotado322



追記:相変わらず、名づけることが大の苦手の私。IDが思いつかず、このブログ名を使うことに・・。
   あ~あ、も少しなんとかならんかったかなぁ。

遠くの友から暗号 - 2012.09.23 Sun

今朝方、愉快な夢をみた。

遠くの友から、何やら暗号めいたメッセージが届いた。
何人かの友人たちとチャットもどきことをしている最中のこと。
(どうやらスカイプ・メンバーの3人が、イメージの底にあるらしい)

遠くの友のメッセージには、見たことのないような文字まで含まれていたり、どう読んでも理解できない文章になっている。

もうひとりの友人が、突然、ひらめいた。
「あ、これはきっと中国語に違いないわ!」
なるほど。
それならうなづける。

私たちは早速そのメッセージを解読にかかる。

・・・・・・・

そんな夢だった。

解読の結果、どんな内容が記されていたかは、夢のみぞ知る☆・・・オボエテイナイノダッタ

ただ、遠くの友に重なるようにして、映画のアメリや、アン(『赤毛のアン』)がダブって見えたのは、彼女の背後霊か(^○^;)

どちらにしても、夢の中とは言え、少女のイメージとは、なんとも悩ましい☆\(^^;)

流行り廃り - 2012.09.22 Sat

すべてのこと・ものに流行り廃りがあるんだね、と近頃いろいろな場面で思う。

たとえば家。
外観はもとより、間取り、内装などなど。
外側から眺めただけで、いつ頃建てられたのか、ド素人の私にも想像できたりもする。
超弩級の新興住宅地に住み、次々と建てられてゆく新しい家々を眺めていると、5年も経つとそれなりの年数経ているなと感じてしまうのが、ちょっと怖い気もする。


それから草木。
と言っても、野山に自生するソレではなく、庭にある草木や花屋さんに並ぶ花や木々に限るのだけれど。
この夏やたらと目に飛び込んできたのがサルスベリ。濃いピンクから白まで色の微妙な濃淡、木の大小はあっても、いやと言うほど目にしたような気がする。

夏の光景の中で、そう言えば、グラジオラスやサルビヤや立葵なんてのが、滅多にお目にかかれなくなったなと感じたのもこの夏のこと。菊も少なくなっているね。

菊は、仏事を連想して余り好きではないのだが、あの匂いだけは懐かしく思う。
金木犀が終わったあとも、密やかに長い間、そこはかとなく季節の匂いを漂わせてくれる。家々の庭から菊が無くなるのは寂しい。

それから、犬。
子供のころ、うるさいほど吠え声を耳にしていたスピッツなんて、最近じゃあとんと見ないし、コッカースパニエルやセッター、ポインター、ブルドッグ、シェパード、シベリアンハスキーなんて近年出会ったことないなあ。



と、ここまで書いて気がついた。
これ、すべて日々の中にあって、傍観者として楽しませてもらいつつ気づいたことなんだなって。

でも、だからこそ思うよ。
当事者は大変だろうなって。
何かを選んでも、数年のうちに時代とのズレが生じてしまう。

今私が住んでいる住居は、築3年ほどだから、間取りや設備、内装など、まあ今どきの良さをフルに装備している。でもこれが5年も経つと、古臭いものとして評価がグンと落ちてゆくんだろうなと思う。

おっと、話がグルグルの堂々巡りだ。

どんな流行り廃りがあっても、自分だけは取り替え不能だから、せいぜい自分道を邁進することにしよ。

と、無理矢理シメてみる☆\(^^;)

ごくろうさん  - 2012.09.20 Thu

なが~い長い間、伴連れであったアイロンが壊れた!

壊した容疑者Xは・・・


こいつか?

itaninyan.jpg


それとも・・

itachibi.jpg

こっちか?





すっとぼけたってアカン!
君たちが追いかけっこしてアイロンを落っことしたのは、お見通しだ。

老いたりといえども、まだまだ現役で働いていたアイロン氏に深手を負わせたのは君らだろ?
あれ以来、アイロン氏の容態は悪化の一途をたどり、ついに昨日・・゚(゚´Д`゚)゚


iron.jpg



このアイロン、君らのとーちゃんと一緒になったとき、私の会社の同僚たちがお祝いに贈ってくれたものだったんだよ。だから長いつきあいだったナ・・

しみじみ。

よく働いてくれたね。
         ありがとう・・

ふしぎ - 2012.09.04 Tue

なぜだろう?

今日は久しぶりに気温が高く、今の室温は、32度近くまで上がっている。
それなのに、この暑さが心地よく感じられて、エアコンを入れる気になれずにいる。

湿度が低いのか?
窓から時折入る風と陽射しの塩梅がちょうどよいのか?

先日、野暮用にて実家まで日帰り強行旅行をした。
それが堪えているのか、それともここでまたひとつの懸案事項を通過したことで気が抜けたのか、単に季節の変わり目のせいなのか、それ以来体調が悪くてくすぶっていた。

そんな不調さの中にあってこの暑さが気持ちよく感じられるのは、ふしぎ。
夏も終わろうとしている今ごろになって、ようやく夏を受け入れているのだろうか。

でも、そろそろエアコンのスイッチを入れることにしよう。
当人気づかぬうちに熱中症、じゃかなわないし、
何よりも猫たちがバテている。


浅田次郎『日輪の遺産』を読む。
目下再読中。

映画もかなり久しぶりに見始め(もちろんDVD)、『トイレット』が良かった。
『かもめ食堂』~などの荻上直子監督作品、舞台はカナダのトロントで、キャストはもたいまさこ以外すべてカナダ人。台詞は英語のみで、主要人物であるもたいまさこの台詞はたったひと言。

カナダ人の役者さんたちがすごくいい。
音楽がこれまたしびれる。
もたいまさこにひと言しか喋らせなかったのもいい。
(そのひと言に鳥肌が立った)

秀逸な作品だ。


『日輪の遺産』の映画も良かった。
長編小説を原作としていながら、そこから大きく外れることなく、多少ストーリーに変更はあっても、抵抗を感じない。むしろ、原作よりも灰汁もなく、スッと入ってゆける作品になっているような気がした。


あとはまた思い出したときに・・。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。