topimage

2012-11

ハマる。 - 2012.11.28 Wed

今ハマっているもの、それはkabu。

カブ(バイク)でも株でもなく、蕪。

子供のころは、決して好きではなかったはずなのだが、最近、とても美味しいと思う。
ぬか漬け、一夜漬けは、ずっと好きだったが、数年前から、ポトフに入れて堪能していた。

今年はもっとシンプルに、蕪鍋。
小さな土鍋に、蕪をメインに、あとは有り合わせの野菜などをぶち込む。
蕪は大きく切り、葉っぱもザクザク入れる。ネギはぶつ切り。
しめじも欠かせないか。

それから竹輪を斜めスライス(これは薄切りに限る)。
ときにこれが豚のバラ肉だったり、鱈だったり。

塩と醤油で薄味をつけることもあるけれど、大概はそのまま何も味はつけず、二杯酢でいただく。
夕べは、うっかり二杯酢を用意せずに食べ始めて、何の味つけもない美味しさに唸ってしまった。

大きく実った蕪は、甘味と水気がいっぱいで、口の中でホロホロととろけてしまう。
食べることへの感動が希薄になっている最近の私だけれど、これはもう感動しまくりで、週の半分はこれを食べている。

それに、全然手のかからない、料理とも言えない料理だし。

自然の恵みに感謝。
スポンサーサイト

ついに手を出した!(>_<) - 2012.11.19 Mon

今回は、こんなものたちを作った。
こうやって並べてみると、まったく支離滅裂?
方向性が見えませ~ん!

いえいえ、私自身には見えている(つもり)だから、それでいいのだ(~_~;)


まず、この2点は小さな女の子用のネック・ウォーマー。

やや薄手のフェイク・ファーとダブルガーゼ(四重ガーゼもあり)のパッチワークと合わせ、ワッペン・タグとボンボンをつけてみた。


nb1.jpg



これは同じフェイク・ファーとビビッド・カラーのニット地を合わせて、大きなおリボン(ニット地の共布)をつけて。

nr1.jpg



お次はガラッと変わって、革のポーチ2点。

ひとつは、かなりハード(見た目も、手触りも)な革を使って。
もうひとつは、とろけるほどやわらかい革で(こっちも見た目通り)。
サイズは、通帳が入るぐらい。持ち手をつけてみた。


nlp1.jpg  npp1.jpg


そしていよいよ!
ついに手を出してしまった・・・>手編みの世界。
冬になって寒くなってくると、やっぱり毛糸の手触りが恋しくなる。
いや、やっぱりこのブログでの会話が引き金かなぁ。

編み物 ⇒ 時間がかかる ⇒ 肩が凝る ⇒ と~んでもない
そう思ってきたけれど、いったん編み棒を持ってしまうと、そんなもの、どこかへ吹き飛んでしまった。

やっぱり編み物は一番楽しい。
昔とった杵柄で、模様もサイズも、苦もなく算出できるし、少なくとも私にとってはミシン・ワークよりは遥かに極楽。

nfn3.jpg

nfil1.jpg



とは言え、やっぱりここはバッグにもこだわる。
ゆえに、こんなコラボ作品を作った。
手編みアラン模様と、コーデュロイと、それから革とのコラボレーション。
編み上げたあとの作業がかなりしんどかったけれど、かなり満足のいくものとなった。

こんな風に発想の枠を拡げて行ったら、もっともっと色々できそうな、そんな予感。

ナイスバディがやって来た! - 2012.11.15 Thu

昨日、これから先ずっと一緒に暮らしていくことになる同居人がやって来た。


tr1.jpg


見よ!
この引き締まったヒップ・ライン。

tr2.jpg


いいなぁ、こんなおヒップ。

tr3.jpg


胸のラインも美しいんだわ~。
「私、フツウのサイズよ。
全部9号で間に合うし」
と、彼女は言うけど、私から見ると威圧感を感じるほどの、はち切れそうなボリューム感を全身から放っている。

だがしかし・・・・
・・・・・・・・・・・




惜しむらくは、顔 が な い。

tr4.jpg


それに、思ったよりも太め(???失礼!???)で、
私のジーンをはかせたら、こんな具合。

tr5.jpg


正式名称はトルソーちゃん。
まだ、愛称は決めていない。

レッキとしたレディス9号サイズなのだが、9号って標準でしょ?
標準って、こんなに大きかったっけ?

一体、あなたのウエスト・サイズって、いくつよ?

オークション国 - 2012.11.14 Wed

世界の広さ、奥深さを感じさせられるのは、何もオークション世界に限らないのだろうけれど、このところ私が一番関わりを持っているのがココだから、ココだけでも起承転結、日々のあらかた、エトセトラ、まあ色々と楽しませてもらっている。

たとえば、『犬の散歩』、『代筆』、『一人暮らしのお年寄りの安否確認』、『子供の送迎』なんてこともオークションされているし、『代理・夫』『代理・恋人』なんつーのもあった。内容まではよく読まなかったけれど、タイトル見ているだけでも、なんだか楽しくもあり、不気味でもあり。

ネット・ニュースにも掲載されていたけれど、『地球』までもがオークションに登場!
最高入札額は、9999・・・と、桁を数えるのも面倒な数字で、出品者と入札者との間で交わされていたQ&Aを読むだけで、お腹がよじれるほど笑ってしまった。

『地球』の出品者は、完璧なまでにオークションを遊び場と心得て臨み、ほかに賞味期限が数年前に切れていることがウリとなっているビールだとか・・。ま、これは遊びの世界だとして。

先日笑ってしまったのが、なんと『ちょうちんブルマー』!!
あの追っかけヒダの入ったブルマーで、しかもその時代の代物と来ている(決してコスプレ用の新品ではない)。
どこかの衣料品屋さんか何かのお蔵から出て来たものだそうだ。

その注意書きがまたふるっていた。
「古いものですから、着用前にお洗濯をおすすめします」
って、着用する人がいるんだろうか(笑)

鳥瞰図的に眺めても↑のごとく楽しいけれど、自分が直接やり取りし、関わっている場面にも新鮮さを感じることも多い。何よりも、そのエリア。北海道から沖縄まで、全国各地の人々とのやりとり。ものとお金だけを介した接点ではあるけれど、送ったり送られたりする梱包の宛名や差出人の住所や名前には、ちょっとドキドキさせられるものがある。


最近アップしたものたち。

nboth.jpg



nsn1.jpg



nba1.jpg



nv2.jpg nv3.jpg




色々 - 2012.11.07 Wed

なぜ、色々って言うんだろう?
辞書によると、色々とは『 異なる事物や状態が数多いこと。また、そのさま。さまざま。』とあるけれど、なぜ『色』と使うんだろ?

こういう語源的なことって、気にし始めたら『色々』出てきてしまう。
大概、調べてもハッキリしたことはわからない。
言葉は生き物、ナマモノだから、その出生は秘密裏にある?

ほとんど毎日を部屋の中だけで過ごしていると、たまに表に出たとき、季節の移ろいに目を見張る。今は木々の葉の色の変化。花の季節ももちろん楽しめるけれど、秋もまたなかなかの風情だ。

季節は、匂いと色で訪れる。
と言っては、ちょっと強引すぎるかな。

さて、その『色』。
楽しくもあり、苦しみもする色合わせ。


nchel2.jpg


npboa.jpg


nma7.jpg



最近作ったのがこの3作なのだけど、
果たして私の色合いは何色だろう?

文章もそうなのだが、こういうハンドメイド物にしても、いくつかの作品を見ていくと、それぞれの作者の色合いが見えてくるものだ。

いつもチェックしている作者(作家って言うのだろうか?)が何人か居るのだけれど、みなその人のカラーを持っている。狙って出そうとしていると言うよりも、自ずと出てくるのだろう。そして、好きな製作者の作品を見ながら、果たして私はどんな色調に見えているのだろう?と思うことがある。

傾向も方向性も、使っている素材や技法も、そして色合いも、まるで統一性なしのわが世界。
もちろん、好きなように作って、十二分に楽しくやっているわけで、この不統一さをむしろ楽しんでいたりもするのだけれど。

今はとにかく修業中という意識も強い。
修業中だから、色々なものにチャレンジしながら、腕を磨きたいという意識。
あるいは、もの作りの中での、一種、自分『色』探し。

作りたいものと、好きなものが違っていたりするのも面白い。
それでも、嫌いなものは絶対に作りたくはない。
そこのところが素人なのだろう。

◎.◎ ← 目が回っている! - 2012.11.03 Sat

一日が過ぎるのが早すぎて、ブログへのアップが間に合っていない!(>_<)
というわけで、目が回って・・

目は回っても、順ぐりにやるっきゃないということで。

まずはコレ。


kaki.jpg


玄関開けたら○○のごはん、じゃなくって、
玄関あけたら、たわわに実る柿!
誰も採ろうとはしないし、鳥もあまり寄ってこないから、渋柿なのかな。
見た目は旨そうなんだけど。


zakuro.jpg


お次がコレ。
柿と同じ敷地内にあるザクロ!
まさに熟れきっていて、宝石のような美しい粒々がこぼれ落ちそう。


apo1.jpg apo3.jpg




こちらは、全くプライベートに作ったDS用のポーチ。
娘からのリクエストで作ったのだが、思っていた以上に苦労した。
往々にして、小さいものほど大変なのだと、今回も痛感。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック