topimage

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれやこれや - 2013.01.20 Sun

なかなかブログに向かい合う時間が取れずに、ついに年を越してしまった。
少しずつ、溜まったデータのアップ。


1nrmf.jpg

4noran.jpg

2nyoz.jpg

5ngn.jpg

3nrose.jpg
スポンサーサイト

 - 2013.01.15 Tue

昨日、雪が降った。
朝、荷物を投函しに出掛けたときには雨だったのに、帰宅していつものように作業をはじめて、ふとその手を止めて窓を見ると、びっくりするぐらいの勢いで雪が降っていた。

そうか、今日は父の亡くなった日だと、強く思った。

一年前のその日の天候は覚えていない。
多分、雨も雪も降ってはいなかった。

初七日の法要の日、雨混じりの雪が降っていた。

そして暮に行われた一周忌の法要の日は、朝から雨が降っていた。
お寺を出てお墓に向かったときには、傘をさしていた。
お墓の掃除が終わり、弟が線香に火を灯して手を合わせたとたん、みるみるうちに陽がさしてきた。

映画やドラマでも、こんな演出はしないだろうというタイミング。
黒々とした雲が瞬く間に薄れてゆき、引き伸ばされた灰色の雲の間から、遠慮のない太陽が燦燦と光を放っていた。参列していた全員が、思わず空を見上げた。

父が居た。
父の大きな笑い顔が見え、それにも増して大きな笑い声が聴こえた。
そう思ったのは、きっと私だけではなかったのだろう。

生前、朝な夕なに仏壇に向かっていた父から見たら、不信心者揃いの一族郎党たちだから、なにがしかの不本意さを抱いていたんだろうね。だからそうやって皆が墓前に揃ったことが、手放しで嬉しかったのだろうと、生者の特権で、勝手に解釈した。

そして昨日。
天の采配であるのかどうかはわからないにしても、きっとその一端には、父の意思も混ざっているに違いないと、不信心であることナンバー・ワンの私は、解釈した。

大丈夫だよ。
忘れているわけじゃない。
あなたは私のココに生き続け、私の血肉となって生きている。
線香の一本、あげるわけじゃないけれど、大丈夫だよ。

と、元僧侶だった父には、こんな言い訳めいたコトバは通じないか。
でも、父には申しわけないけれど、私は不信心、無信仰。
たとえ路傍のお地蔵さんに手を合わせることはあっても、
寺社や墓前で手を合わせることはあっても。

ああ、ここでもまだ意地の張り合いをしてしまう、なんたる娘じゃ!

こりゃいい - 2013.01.02 Wed

ふと思いついて、割烹着を着ている。
それも、イマ風の柄物や洒落たデザインのものではなく、昔ながらの白い割烹着。

お掃除時の汚れ防止のつもりで着てみたら、思いの外あたたかくて、一日中脱げなくなってしまった。

ちょっと心もとない背中には、三角ストール。
袖口には手甲ならぬ手首ウォーマー。

さすがにモンペは持っていないから、下はユルユルのジャージー。

締め付け感なし、ゆるいんだけど機能的、汚れたら惜しげもなく洗濯でき、なぜかほっこりほかほかあったかい。これ、いいなあ。

昔のおばさんやおばあさんたちは、みんなこんな格好していたもんだ。
長い時間の中で育まれてきた、日本ながらの生活着、労働着のひとつなんだろう。

そう言えば、桐島洋子のエッセイの中に、この割烹着が出て来た。
彼女が子連れでアメリカだったかカナダだったか・・・郊外で暮らしていたとき、割烹着を着ていたら、土地の女性たちに大好評だったという話だった。

それでも、グリーンゲイブルスに割烹着は似合わないかもしれないけれど、私の部屋には妙に似合うような気がする。この冬は、割烹着おばさんで乗り越えようか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。