topimage

2013-09

お休み - 2013.09.29 Sun

しばし、出品向け制作はお休み。

久しぶりに、自分用のものを作っている。
一昨日は、部屋着としてのイージーパンツ。
グレーの少し厚手の麻で作った。
適度な張りとシャリ感があって、気持ちよく着用できる。

今日は、大きめのトートバッグ。
オリーブがかったくすんだ茶系の麻をベースにしたもの。

自分がホントはどんなものが好きで、どんなものを身に着けたいのか。
自分用の物づくりの中で、見えてきたらいいなと思う。
スポンサーサイト

キレギレに - 2013.09.29 Sun

死を意識し始めたのは、きっとそう遠くないころだったと思う。

もちろん、幼少期からこの方、死と遭遇したり、意識したりすることはあったはずだ。
思春期あたりには、自死について考えたこともあったはずだ。

近親者や友人知人の死、たくさんの動物たちの死、著名人の死・・。
距離感や切実さは違っていても、そのつど、何がしかを感じ、考えもしてきたはずだ。

そういう意識のしかたとは違う・・・もっと身に迫った自分自身の死とか、人生の終わりとか、そこへ向かう日々のこととか。

一番強く、自覚的に意識したのは、忌野清志郎の訃報に触れてからだった。
同世代だからと一言で片づけることもできるが、もう少し言えば、同時代を生きてきた人として、しかもキャッチしきれていなかった人だからこそ、衝撃も大きく、その喪失感には激しい焦りすら伴っていた。

ちょうどその時期あたりから、かつて好きだった人たち(著名な方たち)の訃報が、ホロホロと聞こえて来はじめた。
同時に、もっと身近なところでも、身内や深く関わった人、長年一緒に過ごした猫たちなどなど・・次々と喪った。

私自身の暮らしも、これまでになかった谷底時代で、体調そのものにも狂いが生じたりもしていた。

それから数年がたち、穏やかで落ち着いた日々を過ごしていたのだが、そんな日々にあっても、通奏低音として死の意識は続いていた。ただ淡々と。

あとどれぐらいの時間が残されているのだろう・・

いつでもそう意識していたのだと思う。


これから先、ますますその意識は強くなってゆくと思う。
そこから逆算しての日々は、いろいろな意味で、きっとものすごく濃密な日々になるのかもしれない。
いや、むしろ薄められて、サワサワとした、ひっそりとした日々になるのかもしれない。
両方が渾然として、相変わらずのストラッグルな日々かもしれない。

いずれにしても、もう少し楽しめそうだ。
そういう日々との巡り合い。
そういう自分を知ること。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック