topimage

2017-08

春先の夢話 - 2011.04.07 Thu

仮眠中、夢をみた。

どこか薄暗い野の道を歩いている。私の前後にも何人もの人たちが、同じ方向をめざして歩いている。
振り返ると、もう十年以上会っていない叔父が、私と同じ歩調で、全く表情のない顔で歩いている。
追いつかれないように、顔を合わせないようにと少しばかり焦りを感じる。

たどり着いた場所は、どこかの古びた教室。
公的機関が設けている何かの講座のようだ。
席に腰を降ろすと課題があてがわれ、どうやら小説を書かされたようだ。

教壇を見ると、かつて受講していた講座(現実に)の講師が、不満げな顔で座っている。
「誰か、まともな作品、書く人はいないんですかね。
斬新な切り口を見せてもらいたいものだ」
なんぞとほざきながら、何人かを名指しして、彼らの作品を酷評している。

無沙汰を詫びなければと思いつつも、今だもって≪モチベーション≫のある作品を書けそうもない自分が恥ずかしくて、胸を張って挨拶することはできないなと、うろたえている。


目が覚めたら、汗をかいていた。


そうね、今日は暖かな一日が始まりそうだもの。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/149-560f9cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気が楽になった «  | BLOG TOP |  » シルヴィ・ギエム&ジル・ロマンからのメッセージ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック