topimage

2017-08

 - 2011.08.23 Tue

2、3才ぐらいの幼児が、ヨチヨチと戸外をひとりで歩いている図をご想像ください。

足元は危なっかしいくせに、その目はあちらこちらにキョロキョロ。
好奇心だけは大人の何倍、何十倍もあって、
その好奇心の向くままに、足を向け、手を伸ばす。
ときにはそれが、欠けたガラス瓶だったり、犬や鳥のウンチだったりしても、
平気で手を伸ばして、あげくは口に持っていこうと・・・

ヤバイでしょう、これ。
ホント、危険きわまりない。
まかり間違えばとんでもないことに。
いや、無事にすむことの方が不思議なくらい。


私の読書や映画鑑賞って、もうほとんどこういう幼児と同じだなと、
つくづく思う。
遅すぎですよ、この気づきは。
絶望的に遅いよ。

いやいや、自分の中では、それなりに脈絡はあるのだが、
やっぱりそれも、子供の好奇心的脈絡だから、説明しようとするととんでもなく紆余曲折、支離滅裂。


と、長い前置きはさておき、
最近印象に残った作品をメモしておこう。


『地雷を踏んだらサヨウナラ』

   1999年に作られた映画だから、12年前ということになる。
   予想以上に若い浅野忠信が主演している。
   作品そのものにも打たれたが、浅野忠信の爽やかで溌剌とした若さに目を奪われもした。

   戦場カメラマン、一ノ瀬泰三さんの実話がもととなった作品だけに、早速そのおおもとに触れたくなる。

『泰三 見てますか?』 一ノ瀬信子 著

   一ノ瀬泰三さんの母、信子さんの著作。
   息子が戦場で行方を絶つ。
   それからの母の闘いの日々。
   不安、焦燥、祈り。
   それ以上の行動力。
   圧巻である。


『火の魚』

   室生犀星の原作をもとに、2009年にNHK広島放送局が制作。
   文化庁芸術祭・大賞(テレビ部門・ドラマの部)や放送文化基金賞優秀賞、
   モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞(テレビ映画部門)などを受賞。

   監督は『ジョゼと虎と魚たち』や『メゾン・ド・ヒミコ』の渡辺あやさん。
   キャストは原田芳雄。そして尾野真千子ほか。

   感想メモ、書けない。書きようがないほど良かった。
   とてもとても良かった。

昨日は久しぶりに、佐々木譲氏の『真夜中の遠い彼方』を読んだ(再読)。
新宿を舞台にした物語で、1984年とかなり昔の作品で、私が知っている新宿からはかなり時を経ているが、
それでもやはり新宿には新宿のニオイと色があるのだろうし、私が知っている新宿なんて、ほんの上澄みみたいなものなのだろう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

久し振りです。。。。
mixiのアプリ「三国志」にドップリで、その他の一切合財が疎かになっている今日この頃、
お元気でお過ごしでしょうか。。。。という感じの書き出しのきっこのブログも最近は読まなく
なりましたが、この映画(浅野さんの方)はちょっと前に見たいなぁと思っていたのに、
すっかり忘れていました。
読書や映画のチョイスって、皆、そんな風なのかと思い込んでいた私は大馬鹿だったのかしら。
最近は、すっかり本屋さんには行かなくなりましたが、その昔は『うん、この本が私を
呼んでいる』とジャンルとか傾向とか考えずに買ってましたけどやはりそれって危険だった
のかしらねん。
とりあえず読んでみる観てみる食べてみる、それから考えるのってイギリス人でしたっけ?
あれ、フランス人?

そうそう『文蔵』コミュって消滅させたの?
マイミクのarsさんが、残念がって同じようなコミュを立ち上げていました。
参加しようかどうしようか考え中です。

とりあえず生存報告しました。
整わない文章でごめんなさいまし。いつものことか。。。

お元気で何より!(*´∀`*)
元気が一番!! だよね~

meguさんが大馬鹿だなんてとんでもない!(#^.^#)
これはあくまでも私の場合です。

本でも映画でも、しつこく何度も触れては結構感化されてしまったりするので、ひとつの選択が、自分をあらぬ方向へ連れて行ったりしてしまう・・・残された時間の少ない自分にとって、それは危険を孕んでいると。

もっとも、生き方そのものが出たとこ勝負だったので、それはそれで面白いですけどね(-^〇^-) ただ、面白がってばかりはいられない、余裕がなくなっている(時間・体力・気力)というのが、本当のところかもしれません。

『文蔵』コミュはいつだったかなぁ、大分前になると思うけど閉鎖しました。
しばしの間、コミュのトピにてその旨アナウンスしておいたのだけど、気付かなかった方も大勢いらしたのでしょうね。参加者全員に個別にお知らせすべきでしたねー・・・深く反省。

mixiは、一種の閉所恐怖症っぽい感覚(?)で、なかなか入ってゆけません。
そのままズルズルと管理者不在のまま、コミュを放置しておくことがつらくなって、コミュを閉じました。ごめんね。

『地雷を踏んだらサヨウナラ』は、良かったよ~。
機会があったらご覧あれ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/167-c24a30bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

筆が重い «  | BLOG TOP |  » あれっ? ご、ごめんなさい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック