topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆が重い - 2011.09.18 Sun

先週のこと。

9月12日月曜日午後7時45分。
婆ちゃん猫が逝ってしまった。

1日だけ苦しんで、最後は、長女がやって来るのを待っていたかのように、
私と娘に見守られながら、亡くなった。
18歳になったばかりの暑い1日。



080720_1156~01gonyan




とにかく楽しい子だった。
おかしな子だった。
常にマイ・ペース。
どんくさくて ブスカワイくて 憎めないキャラで、
誰からも可愛がられると言うようりも、イジラレ・キャラで、
おもちゃ扱いされて、
笑われて、
それがイヤだと言って怒ってみて、
それがまたオモシロ・可愛いと笑われて・・・。
そんな子だった。

忘れないよ! ごーにゃん!
ずっとずっと。


その翌日。

猫とのお別れも十分にできないまま、
実家へ。
2週間ほど前に、弟から連絡をもらい、
今のうちにオヤジに会っておいた方がよいと。

足腰が弱り、まともに歩くことが出来なくなっており、
記憶もあやふやになりがちで・・。

玄関の扉を開けた私の顔をみとめた途端、
「会いたかったよー、ずっと会いたかったんだよー」と
泣き出した父。

一度だって人前で涙なんて見せたこともなければ、
泣き言も口にしたことがなかった父。

それでも、よく笑い、よく喋り(とは言え、一日の大半はウツラウツラ半睡状態なのだが)
穏やかに過ごしている様子。

この日は一泊して、翌日とんぼ返りで帰宅した。

後日、病院の再検査の結果を、義妹が報せてくれた。
アルツハイマー・・




帰宅後、なかなか眠れない日が続いている。
眠っていても、父や母や猫たちが交互に現れて、
それが嬉しくて目が覚めてしまう。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

胸がつまりました。人ごとではありませんから・・・。
お母様はお元気ですか?
もしかしたら、あちらにいらっしゃるのでしょうか。

ごめんなさい。
猫ちゃんの事を書き忘れちゃったわ。
この写真、いいわね。
可愛がられた猫だったのね。
しばらくは辛い?
ウチのサッちゃんは2~3年は気配を残していてくれました。
ワンのうらんは、サッといなくなりましたけどね。

父と母の二人暮らしやっています(弟一家は、同じマンションの別フロアで)。
母は今のところ父のことで気を張っていて、頑張ってはいるけれど、そんな母のこともすごく心配で・・。近くに住んでいるのであれば、それとも同居できるのであればと思うけど、今はそれも叶いません。meguさんのの母上も同じ歳でしたよね。離れていると、気がかりですよね。


同じように愛していた子たちでも、気配の残し方が違うんですよね。
数年前に亡くなった長老猫は、2~3年二階を占拠し(亡くなったあと)、その後、長女の背後霊となったもよう(*´∀`*)

7月に亡くなったダイ君は、今もうちの中に居てくれています。

が、この婆ぁちゃん、気配が薄いんだよね~。
なんの未練も残さずに、やっぱりマイ・ペースのまま逝ってしまったのかも(^。^;)
ひょっとしたら、うちで一番のしあわせ猫だったのかもしれないって、思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/168-5f48978b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢! «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。