topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度目の正直ならぬ銭湯話☆\(^^;) - 2012.10.24 Wed

その頃、菅野すがを描いた本を読んでいたのだが、その中に、幸徳秋水の背中を描写したシーンがあった。

病に侵されていた秋水が沐浴をしているシーンだったと思うが、病んでいる皮膚は水をはじくこともなく、流れる水が肌に張り付くように拡がっていく・・・。そんな描写だったような気がする。

それを読んだ直後に銭湯に行ったある日、周囲の人の水(お湯)の弾き具合を観察した。
多分まだ早い時間帯だったのだろう。私の周囲はおばちゃんやおばあちゃんたちばかりだったのだが、なるほど、年齢によって弾き方が違うもんだと、納得した。

そうなのだ。
当時まだ十代だった私の肌は、ものの見事にお湯を弾き飛ばし、キレイな水玉がコロコロところがり落ちて行った。

えぇなぁ!
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

>周囲の人の水(お湯)の弾き具合を観察した。
これこれ、私のするようなコトをして☆\(^^;)
何の本だったか、イヤらしい小説で「若肌は水を弾く」ことを知ったワタクシなのでした(^^;)
還暦過ぎた今は本当に弾かないのかなあ。今晩観察してみよっと。

観察の結果はいかがあそばしました?(#^.^#)

お願いだから、真珠のような水滴が・・なんて言わないでー(^人^)
でも、比較対象がいないと、答えは出せないか?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/219-d094cf64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冬近し «  | BLOG TOP |  » もひとつ銭湯話

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。