topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微々たる読書 - 2016.07.11 Mon

相変わらず、1日1~2頁しか読めないという、どーーーーーん亀読書が続いている。

それでも、読み終えることができるのは、不思議な気もする。

ここ最近読んだものをつらつらと書いてみる。


又吉直樹 『火花』
 これは、感想保留。
 1回サラっと読んだけれど、もういっぺんぐらいは読まないと何も語れないような気がしている。


桐野夏生 『優しいおとな』
 へぇ~、これも桐野作品? って、ちょっと意外な気がした。
 『魂萌え!』、 『東京島』あたりから、読んでいないところへもってきて、
 ミロ・シリーズを読み直したりしているので、印象がグチャグチャになっていた。
 で、この『優しいおとな』は、読み終えてみると、エグ味よりもどこかサワサワっと微風が流れてくるような、
 胸の奥の方がチクチクするような、口の中に梅干のタネが残った(ナンノコッチャ?!)

 機会と勇気があったら、ここ最近の桐野作品を読んでみようか・・・な・・・? とちょっと思った。


川村元気 『世界から猫が消えたなら』
 淡くて散漫でとりとめない印象。
 でも、普通の人の普通の日々は、そういうものじゃないかと思った。
 鋭く切り込むでもなく、深く掘り下げるでもなく、埋没するほどのめりこむでもなく、
 だからこそ、おおかたの人は、生きて、生き続けているのだろうと思った。
 この散漫さやとりとめのなさが、今、よくわかる。

 何気ないようで重い重い喪失。
 深刻なようでどうってことない喪失。
 喪うことがどういうことなのか。
 真正な答えなんて、あるわけないじゃない?
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

元気か?!

とどじゃ!!
元気かい?!

元気?

それだけ(*^o^*)\ペチ

とどさん

ぼちぼちよ~(^o^)

やまさん

嬉しいです>って、答えになってない?(^^;

おふた方と、どれくらい会ってないんでしょうねぇ・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/253-886594de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死語? «  | BLOG TOP |  » ブログと読書

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。