topimage

2017-08

地生え - 2017.08.12 Sat

友人たちと会話しているとき、私が「地生えの人」という表現を使うと、
はじめて聞いたことばだと言われた。

私は、ほとんどジョークで、「古語かな?」と返した。

はて?

もしかすると、私もこのことばを口にしたのは、はじめてかもしれない。
書いたこともないかもしれない。
でも、私の中に蓄えられていたことばには違いないし、
私にとってはひょいっと口に出てきたことば。
少しも特殊ではなかったのだ。

ネットで調べてみると、おおかたの辞書に、

【地生え】
その土地の生まれであること。また、その人。はえぬき。

とある。

例文として、

「親から江戸の-にて/浮世草子・永代蔵 2」

が挙げられていた。
ひゃっ、本当に古語?

いや、そうではないだろう。
ウィキペディアの使用例では、

・・・徳川家が勢力拡大及び地域安定化のために地生えの武家勢力・豪商などを取り立て・・・

とか、

・・・関東の地生えのではない北条氏の・・・

などと挙げられている。

そうか。歴史小説や時代もののドラマ、それらの解説や文献などの中なら、
使われているのかもしれない。それがいつの間にか、私の中に染み込んでいた?

地元の人、と言えばいいのかな?
でも、「地元の人」よりも、「地生えの・・・」と言った方が、しっかりとその土地に根付いているような感じがする。
その根っこ感、なかなか良いじゃないか、なんて思う。

うーん。
もしかすると、根なし草万歳の私の、
潜在的なアコガレを含んだ表現なのかもしれないな。

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

地生え、の考察、面白かったです。
流行り言葉が知らず知らずに染みつくよりも、好きなジャンルの物語で
身についてしまうなんて、とってもオシャレでござんす(〃艸〃)ムフッ

あ、ウクレレは押し入れの中です。弦楽器は才能無し(涙)
ののさんはギター弾けるからたぶん楽勝。

お褒めにあずかり<(_ _)>
ことばの輸入元なんて、わからないよね~。
でも、こんなふうにいつの間にかって感じで外国語も身につけばいいのに。

ところで、ウクレレって・・・? 物忘れがひどすぎかなぁ(^^;
ギターは今はもう手元にもなく、あっても弾けない! もともと下手っぴだったしね。

ウクレレは、子供のころ、おもちゃがわりにいじってたことがあるけど、ほとんど開放弦で遊んでたから(*≧∀≦*)
弦楽器は、指が痛いです。
聴くのなら、ギターもウクレレも、チェロもバイオリンも、みんな好き。って、誰でもそうかな(*´▽`*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/259-c45628b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » ベジャール!!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック