topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28 レディ・ジョーカー 村 薫 著 - 2004.11.18 Thu

 物語構成の重厚さもさることながら、描出されたさまざまな人々の多様さに、目を剥く。歯科医師、工員、老人、身障児をもつ親、競馬場に集う人々、大企業のトップ層、新聞記者、兜町に生きる人々、総会屋に怪しげな筋の人、政財界の大物、そして警察官や検察官。それぞれの世界の詳述はもちろん、そこでの彼らの息遣いまでもがわかるような肉迫した描写が続く。上の世界はいざ知らず、地を舐めるように暮らす人々の暮らしの細々や感性、思いに至っては、どうしてこんなことがわかってしまうのだろうと思うようなリアリティをもって迫ってくる。たくさんの登場人物たちの個性も、最後まで一貫して際立ったものとしてそこに在り、物語における役どころの確かさも揺るがない。
 グリコ・森永事件を土台に描かれた作品だと言われているが、現実の世界から得られる、曖昧模糊としたどうにも釈然としない印象の裏側にある世界を、作家の手によって、こんなふうに切り開いて見せることが可能なのかと、何重にも驚かされた作品である。どこで生き、どんなふうに在ろうが、この人にかかっては、人おしなべて均しく暗い洞窟を抱える存在として、同じ地平に在り続ける。同じ地平にありながら、世の中のシステムとしての立場の相違、持てる力の差、己が魂との対峙の仕方によって、断罪されねばならないものがあることを、作者は諄々と描いてみせる。

毎日新聞 読んだ時期:2004.07 2004.05.01記
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/35-a5f11231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

29  リヴィエラを撃て 村 薫 著 «  | BLOG TOP |  » 27  晴子情歌 上・下  村 薫 著

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。