topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32 蕨野行 村田喜代子 著 - 2005.02.19 Sat

 読み終えてからしばらくの間、茫然自失。こんなにむごい小説を、これほどまでに淡々と、そしてしんしんとして美しく描けるものかと、しばし言葉を失う。
 時代はいつごろなのだろう。場所はどこなのだろう。山にも川にも村にも名前はつけられてはいるけれど、私の寡少な地理的知識ではいずことも推し量ることができない。

 姥捨ての物語である。けれどもそれは、恐山のような恐ろしげな場所ではなく、わらび野と呼ばれるなだらかな美しい野に入ることを意味する。村の秘事として、六十歳を迎えた年寄りが、春になると打ち揃ってわらび野へ行く。その年寄りたちをわらびと呼ぶ。いくつかの掘っ立て小屋はあるのだが、食べ物はない。年寄りたちは毎日、半里ほどの道のりを歩いて村に戻り、仕事をさせてもらい、その代償として昼飯にありつき、夕飯分ももらうことができる。
 一日仕事を休めば、その日は飢えるしかない。野で起き伏し、里へ通って仕事をする日々に、老人たちは少しずつ疲弊してゆく。
 背景として、長雨による冷夏によってもたらされた飢饉があり、数年に一度はやってくるといわれる冷害と、村々の貧しさ、生きてゆくことの厳しさが、描かれる。身ごもっても子を産むことのできない貧しさ。間引きや堕胎、あるいは身ごもった年若い嫁を離縁することでしか飢えをしのぐことのできない村の現実。婚家から追い出され、里でも迎え入れてはもらえない女たちは、首をくくるもの、川に身を潜めるもの、あるいは山に入って異形のものとして行き抜くものもいる。
 物語は、レンと言う先代の庄屋の女房が、息子の嫁、ヌイに向かって問わず語りをする形で描かれている。方言とも古語ともつかない摩訶不思議な文体が、なんとも懐かしく温かな色合いをかもしだす。読みにくいなと思ったのは、最初の一ページほどのこと。十六、七の嫁と六十になるババとのかけ合いは、すぐさまこちらを物語の中に引きこんでくれた。
 一人は里から、一人はわらび野から語ることで、村の暮らし、老人たちの日々が少しずつ明かされてゆく。死を見つめながらも、村を思い、子を思い、孫を思う老人たち。あまりにも厳しい共同生活の中で交わされる情の細やかさ。
 老いることの意味、老いのあり方、老いの役割などなど、声高になることなく、ひっそりとこうべを垂れて考えてしまう。
 物語の終盤は、白でも黒でもなく、予想だにしなかったところにリンクする。
 読後数時間を経てなお、生きて幸せであるとはどういうことなのかと、しんみりとした思いに浸ったまま、まだ抜け出せずにいる。
 
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おお~っ、なんと素敵な感想文。
村田さまにかわって御礼申し上げますm(__)m
私自身がまだ読んでいないので、いろいろ
書けないのですが、ひたすら嬉しい。
早く読みたい(貸し出し中なのです)
ところで、おすすめの「野ブタ」ちゃん、今読みはじめたところです。ただいまのところ若さムンムンで果たしてついていけるかと不安。

感想の感想をありがとう。
野ブタちゃん、もうちょっとの辛抱でござるぞ。後半に入ると、不評のトーンダウンとなるんだけど、私としては、むしろホッとしました。同時に胸にズキュンとくるものが・・。
「蕨野行」。離れがたくて、再読しています。今日も本屋さんを覗いてみたけど、村田さんの著作は見つからず。図書館に頼るっきゃないですね。momoさんは、ほかにどんな作品を読んだのでしょう。

「蕨野行」読んでみたいなぁ。で早速、市立図書館のネット検索したら蔵書が2冊。貸し出しOKo(^o^)o・・・でもいつ図書館にいけるんだろう。その前にだれもののさんの感想を読みませんように(ー人ー)

どうか天っちゃんが、図書館で借りられますように・・・。
この本のこと、時たま思い出しては、あれこれ考えたり反芻したり。老いた親のこと、目の前にある自分が老いる日のこと、もう人ごとじゃあないものね。
娘のところに生まれた男の子を見ているとき、「ママのこと、よろしく頼んだよ」と言っている自分にビックリ。女の子には戦いがある。だからあなたがママのこと背負っていくんだよって(^^; これって変種の性差別か?(-_-;) でも、ママのママとしては、ちょっとホッとしているのです。変だねー。

やっと読了しました。
なんでこの村田喜代子はこんな世界が書けるのだろうとひたすら驚くばかりです。いろいろ背景を探っているのですが、おばあちゃんっ娘だったのが一番のモトだろうと。おっとと、背景なんかはほっておいて作品自体の感想だわ。不思議な方言にもすぐ馴染んで最初の違和感はすぐに消えました。話は悲惨なんだけれど、わたしにはすがすがしくて明るい話に思えた。きっと、わらび衆になることは、この村では金持ちも貧乏も関係なく非常に平等なシステムだからなんだと思う。「みんなにそうならしかたない」ってあきらめがつくじゃない(^^;
むずかしい言葉は使っていないのに表現が豊かで言葉が生きているよね。この人の作品を読むと、チャラチャラした恋愛ものがアホらしくなってきます。
文体をマネしたいと思ったはじめての作家です。あ~支離滅裂ね(^^;
とのかく好きだわ~、文章も何もかも。

momoさん
そう言ってもらえてよかった。
momoさんの感動が手に取るように伝わってくるよ。
村田喜代子の世界は、あったかいけど、厳しい。その厳しさには甘える余地がなくて、だからこそ私は好きなんだと思う。半端なナサケはないよね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/39-d1fc0b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

33 対岸の彼女 角田光代 著 «  | BLOG TOP |  » 31 野ブタ。をプロデュース 白岩 玄 著

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。