topimage

2017-08

37 くっすん大黒 町田 康 著 - 2005.05.21 Sat

 久しぶりに笑える小説を読んだ。文春文庫で、あと一作『河原のアパラ』も入って410円。
 笑えるだけじゃない。ブラックジョークとはかくやと言うようなエグイ部分もあったり、文体はいにしへを思わせる復古調で、なかなか洒落ていたりもする。
 この作者の略歴を見ると、これまた凄い。パンクバンドでレコードデビュー、文学界に『くっすん大黒』(処女作だそうだ!)を発表し、のち野間文芸新人賞、『ドゥマゴ文学賞』『芥川賞』、そして『川端康成賞』やら詩では『萩原朔太郎賞』まで受賞しているのだ。
 おまけに文庫本の解説を書いている評論家のセンセイまで、すっかりくっすん大黒調の語りに感染せしめてしまい、「梶井基次郎の『檸檬』と通じるものがあり、太宰治、坂口安吾、織田作之助の系譜」だとまで言わせてしまっている。
 ちょっと待て。梶井の『檸檬』と言えば、私の原初的な作品のひとつでもある。それと並び称されてもよいものか。うーん。わっかりませーん。でもね、梶井をもう少し長生きさせて現代に置いてみるなら、こういう作品を書かなかったかと言うと、これまた書きそうな気もしないではなく・・・。
 結局は、町田サンよりも遥かに下層から彼を見上げて、歯切れの悪いことをモゴモゴ言うしかない私なのでありました。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/44-9266a21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

38 恋 小池真理子 著 «  | BLOG TOP |  » 36 アムリタ 吉本ばなな 著

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック