topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42 チョウたちの時間 山田正紀 著 - 2005.07.17 Sun

 SF小説である。SFそのものについては全く詳しくないのだけれど、《時間》を扱ったものにはとても興味があって、グイグイ読まされた。

 古来《時間》の象徴的存在として登場する蝶を、幻視的に上手に使い、タイム・トラベルものとはまったく異なる世界を見せてくれた。道具立てとしての時間ではなく、《時間》そのものがターゲットなのだ。
 《時間》が人間にとってどういうものなのか、人間の認識する《時間》と、《時間》そのものを表する《純粋時間》なるものがどういう関係をもっているのか。それが人間にとってどう災いしてくるのか・・・と展開し、知性、意識の功罪にまで話は及ぶ。

 原子物理学者ボーアやハイゼンベルク、マヨラナ。ナチス全盛期のヨーロッパ社会から現代日本。マヤ文明からブラックホール生命体、あるいは反物質、反宇宙生命、などなど、虚実織り交ぜて、作者のイマジネーションは縦横無尽に展開される。ときに、読者であるこちらのイメージが追いつかなくて、登場人物と一緒に催眠状態(理解不能による催眠状態? ^^;)に陥ったりもしながら、なんとか像を結びつつ最後までついて行った。

 描こうとしている世界は、大いに興味深くもあり、大筋においては面白かったのだけれど、たぶんこれだけの分量ではきっと書ききれなかったに違いないという不本意さが、読み手であるこちらの焦れったさと重なって、それが不満として残ってしまった。

 SF小説であり、なおかつ青春小説でもあろうこの作品を、もう一歩進化させて、いや、蝶になぞらえて言うなら、もう一度大きな変態を遂げた形で読ませてもらいたいと思ってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/49-5b8eaf30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

43 黒と茶の幻想  恩田 陸 著 «  | BLOG TOP |  » 41 シュンポシオン 倉橋由美子 著

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。