topimage

2017-08

43 黒と茶の幻想  恩田 陸 著 - 2006.08.20 Sun

 ひと言で言ってしまえば、大嫌いではないけれど、大好きではない作品、そして作者。
 何かが釈然としないのだ。読後の後味がよろしくない。気になる登場人物、舞台設定、テーマであったりもするし、ストーリーの面白さもありはするものの、どうにも読みづらかったり、辟易としたりしながら、エンヤコラサっとチカラワザで読み終える。
 舞台背景(設定)と、描こうとしている中身のちぐはぐさ、圧倒的であるはずの自然の大きさと、それよりも全編に溢れまくる会話や心情吐露のバランスの悪さ。挿入されるエピソードは、読んでいて神経を疲れさせるばかりで、こんなもんはいらんだろうと思ってしまうものが多い。
 主人公である4人を、ほぼ等分に描いたことの意図はわかるような気もするが、それにしても、これだけの分量は多すぎやしないかい、と、読みながら、あるいは読後にも思ってしまう。

 それでも、まだ気にはなるのだ、この作者。だからもう少しは読んでみるつもりではいるけれど・・。

 饒舌すぎる小説は、寡黙すぎる詩よりもタチが悪い。
 そんなことを思った読後である。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/50-a27043af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

44 ルート350  古川 日出男 著 «  | BLOG TOP |  » 42 チョウたちの時間 山田正紀 著

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック