topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45 陛下  久世 光彦 著 - 2006.08.27 Sun

 こういう時代を舞台にした小説は、分類に困る。時代小説といえばお江戸かそれ以前のイメージがあるし、かと言って現代小説と言えるかどうか。

「小石川白山界隈は、坂道と猫の多い町である。上りの人力車の車夫は前屈みに深く笠の頭を垂れ、足を踏ん張って坂道をいく。難儀している車夫をからかうようにその顔を見上げ、少し先行しては立ち止まり、車が追いつくとまたその前を過ぎって走るのがこの町の猫である。」

 作品の冒頭、こう始まる。
 なんとそそられる書き出しだろう。猫と車夫を登場させているだけなのに、時代、町の雰囲気やようすを伺い知ることができる。付近には、八百屋お七の墓があり、三味の音の漏れ聞こえる娼家がある。もう少し厳密に言えば、時代は二・二六事件の少し前の頃。北一輝が登場し、その回顧段として宋教仁にも触れられる。
 そうした歴史的なことがらを背景に据えてはいるものの、それは舞台の書割。セッティングされた大道具は、娼家の中で引き起こされる悲喜こもごもであったり、主人公である青年将校の御家の内情であり、主人公・梓と娼婦・弓の生きた時代、その中の小さな世界なのである。
 登場人物の想いが、幾重にも折り重なる幻想的な想念として展開される。どこまでが実際に起こった事柄で、どこからが幻想なのか。登場人物にとって夢うつつの境目が判別できないのと同じように、読者もいつのまにか引きずり込まれ幻惑されてしまう。
 匂いや香り、雪の幻想の描写は特に美しい。けれども、美しいがゆえにその瘴気に中てられてしまって、読み進める中、何度も頭を振って目をパチクリさせてみた。
 以前読んだ、同じ久世さんの『一九三四年冬―乱歩』に比べると、舞台設定としてはこの『陛下』の方が具体性があるはずなのに、幻想という果てしなく拡散し、あるいはどこまでも収縮されてゆく世界への吸引力の強さは、遥かに大きい。その力に抗することに、読書中のエネルギーを費やしてしまって、読後、船酔い状態のようだった。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://knno.blog38.fc2.com/tb.php/52-c460dd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rain! レイン! «  | BLOG TOP |  » 44 ルート350  古川 日出男 著

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

****

?Count Down!

近ごろの枕べ

Powered By ソーシャルライブラリー

プロフィール

nono

Author:nono

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。